オンソリ谷川砂防堰堤(白山市河内町)

土石流の捕捉を目的とした、堤高H=13.0mの透過型砂防堰堤の設計を行いました。オンソリ谷川流域では、計画上大量の土砂が出るため、複数の砂防堰堤による土石流対策が行われており、写真はそのうちの一つになります。

       

堅田川1号谷砂防堰堤(金沢市堅田町)

国道159号線から望める堅田川1号流域の砂防堰堤の設計を行いました。流域内の礫径が0.2mと小さいことから、小礫でも捕捉可能な形式である不透過型堰堤を採用しています。

       

笹尾砂防堰堤(羽咋市鹿島路町)

笹尾流域内に豪雨による山腹崩壊・土石流が発生しており、さらなる被害を抑制するため、土石流対策(災害復旧工事)として砂防堰堤を設計しました。堰堤の下流側には、流木対策としてスリットを配置しています。

       

中ノ峠治山事業(小松市中ノ峠町)

豪雨により山腹斜面が崩壊し、住宅背後まで土砂が流出したため、崩壊箇所の復旧設計を行いました。崩壊した斜面には地下水等の影響が見られることから水路工を整備し、また、崩壊土砂の流出防止等を目的とした土留工等を配置しています。

       

大前林治山事業(白山市白峰)

集落背後の斜面には、岩塊から剥離した浮石や斜面上で停止している転石といった落石材料が多数存在しています。人家への落石被害を抑えるために、斜面の末端部に落石エネルギーや斜面勾配に適応した落石防護柵工を設計しました。